Nexus5の電源のオン/オフとスリープモード


Nexus5(ネクサス5)の電源のオン/オフとスリープモードについて説明します。
電源を入れることを電源オン、電源を切ることを電源オフといいます。

電源のオン/オフとスリープモードは端末右上にある電源ボタンで操作します。

電源オン

電源をオンにするには電源ボタンを長押しします。
Googleのロゴが現れ、やがてカラフルな丸いアニメーションがグルグルとまわり始めればNexus5が起動しています。

以下の画面が表示されれば起動完了です。
nexus5_power_operation01

電源オフ

電源をオフにするには電源ボタンを長押しします。
長押しすると以下の画面になるので、一番上の電源を切るをタップします。
nexus5_power_operation02

次に以下の画面が表示されるのでOKをタップして、しばらくすれば電源が切れます。
nexus5_power_operation00

なお、電源をオフにすると最近使用したアプリの履歴も消えてしまいます。

スリープモード

Nexus5は、一定時間何もしなければ自動的にスリープモードに入ります。
また、電源ボタンを1回押すことですぐにスリープモードに入ります。

スリープモードから操作を再開するには電源ボタンを1回押します。
以下の画面が表示されれば復帰しています。
nexus5_power_operation01

スリープモードはただ画面を消しているだけの状態なので、通信等は継続して行われています。
このため、バッテリーも消費しています。
バッテリーを消耗させたくない場合は、こまめに電源をオフにすることをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です