富士通 arrows M03のホーム画面のアイコンをGoogle Nexus 5のようにしてみる

2020年3月2日

Google Nexus 5を2年ほど使っていたこともあり、SIMフリースマホ「富士通 arrows M03」にはまだまだ慣れていません。なんとか操作しやすくしたいなと考えていたところ、ホーム画面をGoogle Nexus 5と同じようにすればいいんじゃないかと思いました。これに伴ってアプリも入れ替えることになるんですが、これは別記事にて紹介したいと思います。まずはGoogle Nexus 5 ホーム画面のご紹介。懐かしいですね。

Google Nexus 5 ホーム画面

それでは、下から2番目のフォルダを左から開いていきたいと思います。なお一番右はGoogle Playへのショートカットなので割愛します。

GoogleフォルダにはGoogleのアプリが格納されています。Google マップやGmailなど、他のフォルダのように機能によってグルーピングできないアプリ群です。

Google Nexus 5 Googleフォルダ

続いて作成フォルダ。こちらのフォルダにはGoogle ドキュメントやドライブなどドキュメント作成系のアプリが格納されています。先日インストールしたGoogel Keep (arrows M03に「Google Keep」をインストールして情報を一元化する)もこちらに格納されていますね。

Google Nexus 5 作成フォルダ

次はPlayフォルダ。こちらにはPlay MusicやPlay ゲームなんかのPlay系アプリが格納されています。私はPlay Musicを少しだけ利用しただけなのでPlay系アプリに関してはまったくわかりません。

Google Nexus 5 Playフォルダ

以下は、現在のホーム画面です。こちらをGoogle Nexus 5化していきます。

Fujitsu arrows M03 ホーム画面

まずは一番下の4つのアプリのショートカット変更していきます。ショートカットの削除はアイコンを長押し、押したまま左上の「ホームから削除」へ移動すると削除することができます。ショートカットの移動はアイコンを長押し、押したまま移動すると画面の好きな位置に設置することができます。ショートカットの作成はアプリ一覧画面からアイコンを長押し、押したまま移動します。作成なのでアプリ一覧画面からアイコンはなくなりません。

例えばGoogle ハングアウトのショートカットを作成する場合はアプリ一覧画面の「ハングアウト」のアイコンを長押し。

アプリ一覧画面の「ハングアウト」のアイコンを長押し

押したままホーム画面へ移動します。

押したままホーム画面へ移動

こんな感じで、変更後は以下のようになりました。

Fujitsu arrows M03 ホーム画面 最下段を変更

私のarrows M03は通信専用機なので電話アプリはいらないのですが、とりあえずこれで良しとしましょう。次にフォルダを作成していきます。その前にフォルダに格納するアプリのショートカットをホーム画面に設置します。右下2段目にGoogle アプリのショートカットをアプリ一覧から作成します。

右下2段目にGoogle アプリのショートカットをアプリ一覧から作成

フォルダの作成は、ショートカットアイコンを長押しして右上のフォルダ作成へ移動します。

フォルダの作成は、ショートカットアイコンを長押しして右上のフォルダ作成へ移動

Google アプリのショートカットがフォルダに格納されました。

Google アプリのショートカットがフォルダに格納されました

続いてフォルダ名をつけます。フォルダをタップするとフォルダ名が「名前のないフォルダ」と表示されています。

名前のないフォルダ

「名前のないフォルダ」をタップするとフォルダ名を変更することができます。「Google」と入力します。

フォルダ名に「Google」と入力

こんな感じで作業を行い、最終的に以下のような感じになりました。

富士通 arrows M03のホーム画面をGoogle Nexus 5のようにして操作しやすくする

今後は通信に特化&使いやすさを追求したしたショートカットの配置を目指したいと思います。

PS.
ショートカットとアイコンというワードが混在してわかりにくくなりましたが、当記事は、アイコンの配置が主な内容なので、ショートカット=アイコンという認識でよいかと思います。