富士通 arrows M03の本体の容量の確保と通信料の削減、通勤中に音楽を聴きたい

富士通 arrows M03SDカードを刺そうと思いました。理由は以下の通り。

・本体の容量の確保
arrows M03はROMが16GBで、実際に使えるのは10GBほどです。で、私の場合は半分くらいをアプリで占めるようになりました。普通に使う分には問題ないのですが、今後は画像や音楽なんかのデータを追加したいので、そのためにもSDカードが必要になります。

・通信料の削減
頻繁に参照するデータはネット経由だと通信料がかかります。SDカードに入れておけば通信料の削減につながります。

・通勤中に音楽を聴きたい
楽天市場でBluetooth ワイヤレスFMトランスミッターを購入したのですが、使わずにバッグの中に眠っていました。

これを機に通勤中に音楽を聴きたいなと思います。

というわけでSDカード選びです。arrows M03のSDカードの仕様は以下のようになっています。

microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)

私が使用しているパソコンはLENOVOのThinkPad X201sとThinkPad X230です。ThinkPad X201sは、SDメモリーカード、SDHCメモリーカードをThinkPad X230はSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリカードが使用できます。microSDXCにしたいところなのですがThinkPad X230で使えないんですよね。とはいえ最大200GBは魅力です。今後、ThinkPad X230がメイン機となる予定なのでmicroSDXCで値ごろ感のある容量を狙いたいと思います。

追記: 2018年10月25日
結局「サンディスク microSDXCカード 128GB」を購入しました。

製品の特徴・仕様は以下の通りです。

製品特徴
フルHD†動画に対応:CLASS 10をサポートしており、フルHD† 動画の撮影にも対応しています。
大容量:ヘビーユーザーにも安心な大容量ストレージを提供します。
抜群の耐久性:大切なメモリーカードを日常のトラブルから守るため、厳しい使用環境を想定したカードの耐久試験を実施しています。
製品仕様

カードタイプmicroSDXCメモリカード
メーカーsandisk
容量128GB
インターフェースUHS-I (SD2.0に下位互換性あり)
スピードクラスSDスピードクラス CLASS 10 
転送速度最大100MB/秒 
動作温度-25ºC~85ºC
保存温度-40ºC~85ºC
互換性microSDXC またはmicroSDXC UHS-Iに対応した機器で使用可能
外形寸法(約)W15.0 × H11.0 × D1.0mm
質量約0.5g
包装形態パケージ
仕入時期により、写真と違い印刷の場合があります。予めご了承ください。