arrows M03にSDカードを刺そうと思いました

arrows M03SDカードを刺そうと思いました。理由は以下の通り。

・本体の容量の確保
arrows M03はROMが16GBで、実際に使えるのは10GBほどです。で、私の場合は半分くらいをアプリで占めるようになりました。普通に使う分には問題ないのですが、今後は画像や音楽なんかのデータを追加したいので、そのためにもSDカードが必要になります。

・通信料の削減
頻繁に参照するデータはネット経由だと通信料がかかります。SDカードに入れておけば通信料の削減につながるというわけですね。

・通勤中に音楽を聴きたい
楽天市場でBluetooth ワイヤレスFMトランスミッターを購入したのですが、使わずにバッグの中に眠っていました。

これを機に通勤中に音楽を聴きたいなと思います。

というわけでSDカード選びです。arrows M03のSDカードの仕様は以下のようになっています。

microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)

私が使用しているパソコンはLENOVOのThinkPad X201sとThinkPad X230です。ThinkPad X201sは、SDメモリーカード、SDHCメモリーカードをThinkPad X230はSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリカードが使用できます。microSDXCにしたいところなのですがThinkPad X230で使えないんですよね。とはいえ最大200GBは魅力です。今後、ThinkPad X230がメイン機となる予定なのでmicroSDXCで値ごろ感のある容量を狙いたいと思います。

arrows M03でもWi2 300 公衆無線LANを利用するためにWi2Connectアプリをインストール

私はたまにマクドナルドでもパソコンを開くことがあるのですが、その際はWi2 300 公衆無線LANを使用してインターネットに接続しています。arrows M03でもWi2 300 公衆無線LANを利用するためにWi2Connectアプリをインストールしました。Wi2Connectは、Wi2 300 公衆無線LANのサービスエリアで簡単にインターネットに接続するためのアプリです。

マクドナルドでarrows M03でもWi2 300 公衆無線LANを利用するためにWi2Connectアプリをインストール

私はBIC WiMAX SERVICEのBIC定額Wダブルを契約しているのですが、その無料オプションとしてWi2(ワイツー)プラスも契約しています。

オプションプラン|BIC WiMAX SERVICE
BIC定額、またはBIC定額ダブルをご利用の方に限り、公衆無線LANサービス『Wi2 300』(株式会社ワイヤアンドワイヤレス提供)が、いまなら無料でご利用になれます。
http://www.bic-ws.net/info/option.html

Wi2 300 公衆無線LAN|Wi-Fi ソリューションを提供するワイヤ・アンド・ワイヤレス
Wi2 300は、次世代無線LAN規格の「11ac」※を含む、全国最大規模のエリアを誇る公衆無線LANサービスです。公共交通機関、カフェなど街中で、お手持ちのWi-Fi(無線LAN)搭載端末を インターネットに接続することができます。
http://wi2.co.jp/jp/300/

ホーム画面を表示、Play ストアアイコンをタップします。

 ホーム画面を表示

「Wi2Connect」を検索します。検索候補に出てきたので、続けてタップします。

「Wi2Connect」を検索

インストールボタンをタップ。

インストールボタンをタップ

「同意する」をタップ。

 「同意する」をタップ

Wi2Connectのインストールが完了しました。

Wi2Connectのインストールが完了

ここで戸惑うのがWi2Connectのショートカットが自動で作成されないことなんですよね。どこにあるかというと、ショートカットではなくウィジェットの中にあります。Wi2Connectはログイン状態やログインできるネットワーク状態を常に監視しているのでウィジェットというかたちで画面に表示されます。

ホーム画面の空きスペースを長押ししてウィジェットをタップします。

ホーム画面の空きスペースを長押ししてウィジェットをタップ

フリックしてWi2Connectのウィジェットを探すと…ありました。ウィジェットを長押しして、押したまま設置したい場所で離します。

Wi2Connectのウィジェット

Wi2Connectアプリを起動して「Wi2 300設定」をタップします。

「Wi2 300設定」をタップ

ログインIDとパスワード、私は電波の弱いところでブチブチ切れるのが嫌なので自動ログインのチェックは外しておきました。

Wi2 300設定

富士通のarrows M03でChromeのテキスト入力中にバックスペースを押すとコピー内容が貼り付けられる

富士通のarrows M03でChromeのテキスト入力中にバックスペースを押すとコピー内容が貼り付けられるという現象が起こるので紹介したいと思います。結論から言うと入力アプリを変更することで改善しました。

再現方法は、
1.Chromeのテキストフォームなどで「あいうえお」と入力&確定。

2.「あいうえお」をコピー。

3.「かき」と入力、確定前の状態でバックスペース(×ボタンや戻るボタンともいいます)をタップ。(ちょうど「き」を削除する操作になります)

すると、先ほどコピーした「あいうえお」が勝手にペースト(貼り付けられる)という現象が起こります。

ネットで調べているとarrows M03にデフォルトで使用されている文字入力アプリ「Super ATOK ULTIAS (スーパー エイトック ウルティアス)」とGoogleのAndroid WebViewの相性が原因のようです。

スマートフォン・タブレット・携帯電話(Super ATOK ULTIAS) – FMWORLD.NET(個人) : 富士通
富士通株式会社と株式会社ジャストシステムで、これまでにない最高レベルの文字変換を実現した日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS(スーパー エイトック ウルティアス)」を共同で開発。
http://www.fmworld.net/product/phone/ultias/

AndroidシステムのWebView – Google Play の Android アプリ
Android WebViewはChromeの技術を使用したシステムコンポーネントで、Androidアプリでウェブコンテンツを表示するときに使用できます。このコンポーネントは端末にプリインストールされており、最新のセキュリティアップデートやその他のバグ修正を反映できるよう常に最新の状態に維持されます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.webview&hl=ja

改善策は入力アプリを変更するかAndroid WebViewをアンインストールするかの2択みたいです。Android WebViewのアンインストールはさすがヤバそうなので入力アプリをWnn Keyboard Labに変えることにしました。Super ATOK ULTIASに慣れていないだけかもしれませんが、入力アプリの変更に戸惑いはありませんし、結果的にGoogle Nexus 5の時に使用していた入力アプリに戻れたのでよかったと思います。

Wnn Keyboard Lab – Google Play の Android アプリ
Wnn Keyboard Labは、数多くのAndroid端末に標準搭載されている日本語文字入力ソフトiWnn IMEの先行開発版です。安定した基本機能に加え、拡張プラグイン等の様々なカスタマイズ機能を提供します。
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.omronsoft.wnnlab&hl=ja

富士通 arrows M03のホーム画面をGoogle Nexus 5のようにして操作しやすく?する

Google Nexus 5を2年ほど使っていたこともあり、arrows M03にはまだまだ慣れていません。なんとか操作しやすくしたいなと考えていたところ、ホーム画面をGoogle Nexus 5と同じようにすればいいんじゃないかと思いました。これに伴ってアプリも入れ替えることになるんですが、これは別記事にて紹介したいと思います。まずはGoogle Nexus 5 ホーム画面のご紹介。懐かしいですね。

Google Nexus 5 ホーム画面

それでは、下から2番目のフォルダを左から開いていきたいと思います。なお一番右はGoogle Playへのショートカットなので割愛します。

GoogleフォルダにはGoogleのアプリが格納されています。Google マップやGmailなど、他のフォルダのように機能によってグルーピングできないアプリ群です。

Google Nexus 5 Googleフォルダ

続いて作成フォルダ。こちらのフォルダにはGoogle ドキュメントやドライブなどドキュメント作成系のアプリが格納されています。先日インストールしたGoogel Keep (arrows M03に「Google Keep」をインストールして情報を一元化する)もこちらに格納されていますね。

Google Nexus 5 作成フォルダ

次はPlayフォルダ。こちらにはPlay MusicやPlay ゲームなんかのPlay系アプリが格納されています。私はPlay Musicを少しだけ利用しただけなのでPlay系アプリに関してはまったくわかりません。

Google Nexus 5 Playフォルダ

以下は、現在のホーム画面です。こちらをGoogle Nexus 5化していきます。

Fujitsu arrows M03 ホーム画面

まずは一番下の4つのアプリのショートカット変更していきます。ショートカットの削除はアイコンを長押し、押したまま左上の「ホームから削除」へ移動すると削除することができます。ショートカットの移動はアイコンを長押し、押したまま移動すると画面の好きな位置に設置することができます。ショートカットの作成はアプリ一覧画面からアイコンを長押し、押したまま移動します。作成なのでアプリ一覧画面からアイコンはなくなりません。

例えばGoogle ハングアウトのショートカットを作成する場合はアプリ一覧画面の「ハングアウト」のアイコンを長押し。

アプリ一覧画面の「ハングアウト」のアイコンを長押し

押したままホーム画面へ移動します。

押したままホーム画面へ移動

こんな感じで、変更後は以下のようになりました。

Fujitsu arrows M03 ホーム画面 最下段を変更

私のarrows M03は通信専用機なので電話アプリはいらないのですが、とりあえずこれで良しとしましょう。次にフォルダを作成していきます。その前にフォルダに格納するアプリのショートカットをホーム画面に設置します。右下2段目にGoogle アプリのショートカットをアプリ一覧から作成します。

右下2段目にGoogle アプリのショートカットをアプリ一覧から作成

フォルダの作成は、ショートカットアイコンを長押しして右上のフォルダ作成へ移動します。

フォルダの作成は、ショートカットアイコンを長押しして右上のフォルダ作成へ移動

Google アプリのショートカットがフォルダに格納されました。

Google アプリのショートカットがフォルダに格納されました

続いてフォルダ名をつけます。フォルダをタップするとフォルダ名が「名前のないフォルダ」と表示されています。

名前のないフォルダ

「名前のないフォルダ」をタップするとフォルダ名を変更することができます。「Google」と入力します。

フォルダ名に「Google」と入力

こんな感じで作業を行い、最終的に以下のような感じになりました。

富士通 arrows M03のホーム画面をGoogle Nexus 5のようにして操作しやすくする

今後は通信に特化&使いやすさを追求したしたショートカットの配置を目指したいと思います。

PS.
ショートカットとアイコンというワードが混在してわかりにくくなりましたが、当記事は、アイコンの配置が主な内容なので、ショートカット=アイコンという認識でよいかと思います。

arrows M03に「Google Keep」をインストールして情報を一元化する

arrows M03には「Google Keep」がインストールされていないので、インストールすることにしました。Google KeepはNexus5時代から愛用しているGoogleのメモアプリです。

まずはホーム画面を表示します。

arrows M03 ホーム画面

「Play ストア」アイコンをタップ。

「Play ストア」アイコンをタップ

検索フォームに「google keep」と入力。この時点でアプリが出てきますね。「Google Keep – メモとリスト」をタップします。

検索フォームに「google keep」と入力

インストールボタンをタップします。

インストールボタンをタップ

次へをタップ。

次へをタップ

ダウンロード中。

Google Keep ダウンロード中

インストール中。

Google Keep インストール中

開くをタップ。

開くをタップ

インストール完了。

Google Keep インストール完了

Google Keepに新機能が追加されました。重要なメモを最上部に固定できる機能です。これが、はじめはピンと来なかったのですが、最近非常に便利に思うようになりました。日々更新していくメモ、日記だったり、日報だったり、やることリストなんかを最上部に固定しておけば、いちいち探す必要がないんですよね。これすごく便利です。

こんにちは「Google Keep」。私はすでにGoogle Keepを利用していてメモがあるのでそれらが表示されています。

こんにちは「Google Keep」

メモアプリはいくつか有名なのがあるし、私はGoogle Keep以外使ったことがないの比べようがないのですが、メモアプリと情報うの一元化はコレで十分です。

画面ロックを解除せずに電源ボタン2回早押ししてカメラをすばやく起動する方法

Google Nexus5にはデフォルトで設定されていた?画面ロックを解除せずに電源ボタン早押し2回でカメラを起動する方法がarrows M03にもあるのかなと思い。電源ボタンを2回押してみましたが、カメラは起動せず。いったんはあきらめていたのですが、ひょんなことから設定画面を見ていると便利機能というアイコンを見つけました。見てみると、あったんだなこれが。

まずは、ホーム画面から。

画面ロックを解除せずに電源ボタン2回早押ししてカメラをすばやく起動する方法 ホーム画面

では行ってみましょう。

左にフリックしてメニューを表示。

画面ロックを解除せずに電源ボタン2回早押ししてカメラをすばやく起動する方法 メニュー画面

さらに左にフリックして、設定アイコンをタップします。

画面ロックを解除せずに電源ボタン2回早押ししてカメラをすばやく起動する方法 メニュー画面

便利機能をタップします。

画面ロックを解除せずに電源ボタン2回早押ししてカメラをすばやく起動する方法 設定画面

下のほうに

電源ボタンを2回押してカメラを起動
画面ロックを解除せずにすばやくカメラを起動します

という項目があるので、それをONにします。

電源ボタンを2回押してカメラを起動をON

以上で設定が完了です。画面ロックを解除せずに電源ボタンだけでカメラを起動することができるようになりました。私は仕事がら何かとカメラで写真を撮っているので、これはとってもうれしい機能です。仕事の他に子供の写真を撮ることも多く、徹底的瞬間を撮るにはこの機能は欠かせませんね。

スマホカバーが手帳式なのでカバーを開くという手間がかかって遅くなりますが、こればかりは仕方がない。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定です。私のSIMは格安SIMのFREETEL SIMというSIMなので、APN設定(インターネットの接続先設定)が必要になります。まずはホーム画面を表示しておきます。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

APN設定はFREETEL SIMの公式サイト「端末別APN設定方法」で確認することができます。

設定自体は難しくないのですが、1つでも抜けていたり1文字でも間違っていたらネットにつながらないので、あせらずにゆっくりと行いましょう。という私は認証方式を入れ忘れて、なんでネットにつながらないんだ~って少し動揺したんですけどね。設定内容は以下の通りです。

名前(任意の名称を入力)
例:FREETEL
アクセスポイント名(APN)
freetel.link
認証ID(ユーザ名)
freetel@freetel.link
パスワード
freetel
認証方式
CHAPまたはPAP

ホーム画面の上から下へフリックして、設定ボタンを表示します。右上の設定ボタンをタップ。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

中央上から2つ目の「データ通信・機内モード」をタップ。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

「モバイルネットワーク」をタップ。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

アクセスポイント名をタップ。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

FREETEL SIMのAPNは一覧にはないので右上の「+」をタップして追加します。ここにあれば超楽なんですけどね。がんばれFREETEL!

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

「アクセスポイントの編集」画面が表示されました。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

冒頭に記した設定値を入力していきます。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

右上のメニューをタップして「保存」をタップします。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

FREETEL SIMのAPN登録が完了し、APN一覧に表示されると同時に他のAPNは削除されました。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

FREETELの右にある「○」をタップするとアクセスポイントが設定されます。

arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定

初めてだと躊躇してしまうところですが、間違ったところで端末が壊れるわけではないので、淡々と進めてみてくださいね。以上、arrows M03のAPN (アクセスポイント名) 設定でした。

arrows M03の初期設定

arrows M03の初期設定です。大まかな流れはnanoSIMを挿入(スキップ可)、WiFiの設定(スキップ可)、名前の入力、パスワードの設定、端末とグーグルの通信の許可否です。

まずは、nanoSIMを差し込みます。差し込み口は正面左上横のカバーを外した中にあり、nanoSIMをのせるアダプターを引き抜きます。

arrows M03の初期設定


裏表向きがあるので注意して差し込みます。これが結構面倒です。向きを間違えて無理矢理差し込むと抜けなくなりそうです。

arrows M03の初期設定

SIMカードを差し込むと端末を再起動してくださいというメッセージが表示されるので、電源ボタンを長押しして再起動します。

arrows M03の初期設定

「ようこそ」という画面が表示され、端末に設定する言語を選択します。

arrows M03の初期設定

WiFiネットワークの選択画面が表示されました。端末周辺のネットワーク一覧が表示されています。ここではスキップしました。自宅のネットワークに接続してもよかったのですが、面倒なのと結果的にアクセスポイント名の設定でネットに繋がるかどうか試験できたのでよかったかなと思います。

arrows M03の初期設定

以下の写真は、バッファローの無線LANルーターです。SSIDがネットワーク名のことで、ネットワーク一覧に表示されています。繋げたいネットワーク名をタップして、KEYを入力すればネットに繋がります。SSIDやKEYを変更している場合は、別の端末から無線LANルーターにアクセスして確認する必要があります。

バッファローのルーターのSSIDとKEY

先ほども書いたように面倒なので、無視してスキップです。

arrows M03の初期設定

名前を入力します。私がもっと若ければハンドルネームにしてみたりするのですが、そんな年でもないですし、有名人でもないので素直に本名を入力します。ただ私の慣例として、可能な限りローマ字で入力しています。

arrows M03の初期設定

Google(グーグル)の機能向上のためのデータ送信のみチェックを外しています。個人的な理由と検証したわけではないのですが通信コストの無駄になるかなと。

arrows M03の初期設定

arrows M03の初期設定

やっと、ホーム画面が表示されました。Nexus5とは違ったホーム画面です。見たことのないアイコンもあります。今後、ホーム画面のカスタマイズをしていきたいと思います。

arrows M03の初期設定

以上、arrows M03の初期設定でした。

Nexus5の液晶を2回割った私が選んだarrows M03用のケースは「エレコム ソフトレザーケース 薄型 磁石付 ブルー PM-F03HPLFUMBU」
arrows M03用のケースを検討していたのですが、ソフトタイプ、ハードタイプ、手帳タイプで迷っていました。私は外出先や車内でBluetoothキーボードを使用してメモを取ることがあるのですが、そうなると手帳タイプ一択となってしまいました。今回購入した「エレコム ソフトレザーケース 薄型 磁石付 ブルー PM-F03HPLFUMBU」は直接見ることなく購入したのですが、ウェブでの情報とエレコムととりあえずすぐにカバーが欲しかったのと楽天のお買い物マラソンに参戦していたのが、主な理由です。

エレコム ソフトレザーケース 薄型 磁石付 ブルー PM-F03HPLFUMBU 外箱

それでは開けていきます。

何かと強調されているのが、薄いとか軽いとか。確かに薄いし軽いとは思うのですが、arrows M03自体が一昔前のスマホやGoogle Nexus5に比べると大きいし重いので、強調されても薄れてしまうんですよね。

エレコム ソフトレザーケース 薄型 磁石付 ブルー PM-F03HPLFUMBU 外箱裏

カラーはブルーです。深みのあるブルーでネイビーに近いです。ブラックにしようか迷ったのですが、次に紹介する裏のカラーでブルーにせざるを得なかった感じです。ネットで見たカラーと実物のカラーにはあまり差がないように思います。思っていた通り。私は知的じゃないんですが、ケースだけ見てると知的な感じがします。

エレコム ソフトレザーケース 薄型 磁石付 ブルー PM-F03HPLFUMBU ケース本体

カバーを開いたところ。裏のカラーはグレーです。ブラックだとレッドになるんですよね。これが嫌でブルーにしました。裏のカラーまでこだわりはないんですが、みんながいるときにスマホ取り出して、カバーの裏がレッドって、なんか俺って燃えてるぜぇ~いって感じで嫌なんですよね。

エレコム ソフトレザーケース 薄型 磁石付 ブルー PM-F03HPLFUMBU カバーを開いたところ

ここまでくるとarrows M03をすぐにでもハメたいところなんですが、やっておくことがあります。SIMカードとSDカードの挿入です。カバーにハメるとこれらの抜き差しができなくなるので、カバーにハメる前に入れないといけません。ちなみに私は?忘れたにきまってるじゃないですか!

というわけで、SIMカードとSDカードは忘れずに挿入しておきましょう。

arrows M03 SIMカード挿入

arrows M03をケースに装着したところです。フィルムがうまく貼れていないのが気になりますが、しっくりきています。カバー裏のカードを入れれるところは今のところ使用しないのですが、将来の名刺入れ用に温めておきたいと思います。

arrows M03をケースに装着したところ

電源ボタン・ボリュームボタンはこんな感じで空いています。

電源ボタン・ボリュームボタンはこんな感じで空いています

写真に撮っていないのですが、横向きにして斜めに立てることもでき、キーボードで操作するときやワンセグを見るときになんかに役立ちます。しかし、立てにくく安定しないのでイマイチ、とはいえこれができるから手帳タイプを選んだので文句は言えませんね。

あと、手帳タイプだと写真を撮るのが面倒です。開いて撮らないといけないのと完全に開いてしまうとカバーでレンズをふさいでしまいます。写真をガンガン撮る私には少々ストレスですね。しばらくはこの手帳タイプで様子見。機会があれば別のケースを購入して使い勝手を比べたいと思います。

手帳タイプにした理由がもう一つあります。以前はGoogle Nexus5を使用していたのですが、2回液晶を割ったことがあるんですよね。2回とも落としたんですが液晶にカバーがあれば助かったかもって思うと手帳タイプを選んでしまいますね。ゴリラガラス張ったところで、頑丈なケースにしたところで液晶画面から落下したら終わりです。

追記: 2016年12月4日(日)
今日、ケーズデンキという家電量販店へ行ったのですがエレコムの他にラスタバナナというメーカーのケースがたくさん売っていました。というかラスタバナナばっかりでした。ネットで何度か見たことがあったのですが、リアル店舗ではこちらが主流なんでしょうか。

【失敗】arrows M03の液晶保護フィルムにon-deviceのガラスフィルムを選びました

どこかのサイトでon-deviceでがいいよ~みたいなことが書かれてあったのと、とにかく急いでいたので特に考えずに購入しました。では、開けてみましょう。

外箱。最近はこんな感じの箱が多いですね。

arrows M03用の液晶保護フィルム「on-device ガラスフィルム」 外箱

箱の裏には特徴が明記されています。とくに目新しいものはないのですが、
ラウンドエッジ加工は好きですね。見ていてウットリします。

arrows M03用の液晶保護フィルム「on-device ガラスフィルム」 外箱裏

箱を開けると。茶封筒が出てきます。

arrows M03用の液晶保護フィルム「on-device ガラスフィルム」 箱を開けると茶封筒が

封筒の中にはクリーニングクロスとアルコールシート、ガラスフィルムが入っています。

arrows M03用の液晶保護フィルム「on-device ガラスフィルム」

arrows M03に貼られていたフィルムをはがします。

 arrows M03に貼られていたフィルムをはがします

液晶の表面を拭いて「on-device ガラスフィルム」を張ります。緊張します。

液晶の表面を拭いて「on-device ガラスフィルム」を張ります

息を止めて、緊張のあまり力んでしまうのを必死でこらえながら慎重に貼りました。

arrows M03用へ「on-device ガラスフィルム」貼り付け完了

やっとの思いで貼り終え、その美しさに見とれていると左中央。

埃が一つ。

ここでやめておけばよかったのですが、何とかして埃たった一つを除こうと思った私が間違いでした。貼っては剥がし、貼っては剥がすのを繰り返すとどんどんひどくなるばかり、どのようになったかは別記事にて垣間見ることができます。嗚呼、1,280円捨てた。写真を撮る気にもならず、次回は必ずビックカメラで店員さんにお願いしようと決意しました。

今回は購入しなかったのですが、背面フィルムもあります。知人にこのことを話したら、「背面なんてカバーで隠れるんだからいらんだろ!」ということでした。けど、愛着をもつと欲しくなるんですよね。カバーから本体を外した時に背面がキラリと光ることを想像するとやっぱほしいですね。

追記: 2016年12月4日(日)
この辺りを狙いたいと思います。

富士通のSIMフリー機「arrows M03」を楽天ブックスで購入

以前から購入したいと思っていた富士通のSIMフリー機「arrows M03」を楽天ブックスで購入しました。楽天ブックスで購入した理由は、価格がアマゾンや価格COMとほぼ横並びなのと楽天スーパーポイント、さらには楽天お買い物マラソンに参戦していたためです。今回のお買い物マラソンでは初の10店舗での購入、つまりポイント10倍を達成しました。これだけでArrows M03の購入分3400ポイント近くが上乗せされるわけです。とてもお得に購入できました。

富士通のSIMフリー機「Arrows M03」を楽天ブックスで購入

外箱です。私はGoogleやAsus、Ankerなんかの製品を購入したことがあるのですが、外箱がオシャレです。こういった茶の段ボールは逆に硬派に思えます。

富士通のSIMフリー機「Arrows M03」を楽天ブックスで購入

ちなみに「Anker PowerCore 13000 (モバイルバッテリー)」の外箱はこんな感じ。

「Anker PowerCore 13000 (モバイルバッテリー)」の外箱

外箱を開けてみると、nanoSIMの取り付け方や保証書、説明書なんかが入っています。

富士通のSIMフリー機「Arrows M03」を楽天ブックスで購入

それらの下に、USBケーブル・アダプター・本体・nanoSIMケース(予備)が入っています。USBケーブル・アダプターは「Anker PowerPort 6 (60W 6ポート USB急速充電器)」と「Anker PowerLine Micro USBケーブル 防弾仕様高耐久ケブラー」を使う予定です。AnkerのUSBケーブルは防弾仕様高耐久ケブラーとなんとも頑丈な感じがしますが、実は2か月程度の使用で接触不良?が起こっています。ハズレを引いたのか、そういう製品なのかはわかりません。問い合わせてみる予定ですが、購入を検討している方はその点を考慮ください。

富士通のSIMフリー機「Arrows M03」を楽天ブックスで購入

内容物一覧です。簡単操作ガイドは必要最低限のことしか書かれていませんでした。もう少し、アプリのこととかキャプチャー画面を入れてくれてもいいかなと思います。

富士通のSIMフリー機「Arrows M03」を楽天ブックスで購入

nanoSIMの差し込み口です。Nexus5では差し込むだけだったので楽だったのですが、arrows M03では受け皿があって、そこへnanoSIMを載せて差し込む感じになります。面倒そう。今回のarrows M03の購入に先立ちFreetel SIMのnanoSIMを契約していました。

富士通のSIMフリー機「Arrows M03」を楽天ブックスで購入

今回は、arrows M03を楽天ブックスで購入したのですが、楽天スーパーポイントのことを考えなければAmazonのほうが安い場合もあります。

「arrows M03」と同時に購入したアイテムは以下になります。別記事にて紹介したいと思います。